自炊プラン

Pocket

自炊イメージ画像(ガスコンロ)免許合宿時の食事形式では、ホテルや宿舎内でのバイキング形式の食事や外で食べたり買ってきて食べたりするプランも多いですが、自分自身で自炊するプランもあります。
自炊プランのメリットはまず費用面。宿舎で食べたりする場合、もちろんプラン内に料金は含まれていますが、自炊プランと比べると2~5万円程度違ってきます。
従って、近場のスーパーなどで食材を買ってきて、自炊をすることで食事代がとても安くなります。
安い人では1万円以内に収まっている人もいるので、少しでも安く抑えたい人は自炊プランを選びましょう。
また、費用面だけでなく、友達やカップルで参加している人にも自炊プランはおすすめです。
プロが作った食事を楽しむということも良いですが、みんなで一緒に作るご飯も格別の美味しさを味わえるので、友達などと参加される方は是非検討してみてはいかがでしょうか。

ただ、デメリット面とするならば、時間でしょうか。どうしても日中は免許取得の為の講習がメインになってきますので、自炊プランの場合は食事を作ることもそうですが、食材を買ってくる時間もあるので、どうしても食事付きプランを選択した方とは、時間の差が出てきてしまいます。
また、1日や2日であれば楽しいかもしれませんが、毎日自炊となると、意外と大変なもので、普段から自炊をしていない方にとっては少し苦痛かもしれません。どちらにしてもメリットとデメリットを把握した上で、友達などと参加を検討している方は一緒に相談して決めた方が良いでしょう。


関連リンク【合宿免許の激安・格安プランをご紹介|合宿免許の免許の匠
自炊プランがある自動車学校を探せる合宿免許予約サイトです。

外食で食事を済ませる

Pocket

免許合宿では、ホテルや宿舎などで三食食べるという形式が多いと思われている方が、多いのではないでしょうか。確かに今では専属シェフがいる自動車学校であったり、女性に嬉しいケーキバイキングやサラダバイキングなど、バイキング形式の食事プランが多い自動車学校があったりするのもの事実です。ただ、今の自動車学校では、宿舎ではなく近くの飲食店でその地方ごとに有名な食べ物を外食できるプランが多いのを存知でしょうか。

免許合宿では地方の宿舎で免許を取る学校がほとんどなので、その土地柄によっては名物の食べ物があったりします。そういったところでは、プランの中に飲食店で食事できる食事券付きプランなどがあり、好評の声が多いです。例えば、栃木県宇都宮市であれば餃子が有名なので、人気餃子店での食事券プランもあります。

また、別の所では、近隣の飲食店と協力して、どの飲食店でも食事ができるプランなどもあります。このプランでは、約2週間~3週間ある免許合宿の中で、どうしても食事が飽きてしまいがちな免許合宿ではありますが、利用者の多くは、和・洋・中全ての食事が楽しめるということもあり、全く飽きなかったという声も多かったです。食事に満足することができれば、免許取得に全力を注ぐことができるので、免許合宿を選ぶ際には、本当に食事を重要なポイントであると言えるでしょう。