バイキング形式の食事

免許合宿時の楽しみとして食事が挙げられるかと思いますが、免許合宿時の食事形式で多いのがバイキングやビュッフェ形式の食事です。イメージとしては、プライベートの旅行に出掛けた際にホテルなどで出される食事のイメージで良いと思います。朝食はご飯やパンといったものが多く、追加してウインナーや納豆などのオプションもあるところが一般的です。昼食に関しては学食のようなイメージで、スパゲッティやオムライス、定食があるところが多いです。夜はどちらかいうとボリューム重視で、揚げ物やカレーなどのお腹いっぱい食べられるメニューが多くあります。免許合宿はどうしても若い人達の参加が多く、若者向けのメニューが多いので、年配の方向けの食事ではないので、年配の方はその部分をある程度考慮した上で、食事プランを決めた方が良いでしょう。

とは言え、今の免許合宿の宿舎では美味しい料理が多く、そういったところは専属の栄養士や専属シェフといったように、食事自体を売りにしている自動車学校も多いです。もちろんその食事代も受講料の中に含まれていますので、追加で費用がかかることはありません。免許を取得するのと同じくらいに食事を大事にしたいという方であれば、食事を売りにしている自動車学校で免許取得を目指してみるのも良いと言えるでしょう。

合宿免許先の食事とは?

運転免許証を取得しようと考えたときに、自動車教習所に通って取得する方法と、合宿免許に参加して取得する方法、この二点が一般的な運転免許取得方法です。自動車教習所に通う場合は、一般的には近くの自動車教習所に通い、1ヶ月~3ヶ月前後で取得するのですが、合宿免許の場合は、合宿ですから2週間~3週間前程度、自動車学校の指定宿舎に寝泊まりしながら短期間で取得することを目的としています。また、短期間で取得できることに加えて、宿泊代や交通費など全て負担してくれて、自動車学校に通うよりも安い費用で免許が取得できるので、時間がある方は合宿免許で取得された方がお得だと言えるのです。そんな免許合宿ですが、安いとはいえ、数週間施設に宿泊するということは、当然のことながら食事も必要になってきます。毎日3食あるので、誰もが気になる所だとは思いますが、免許合宿の食事は一体どのような形式のものがあって、果たして美味しいのでしょうか。

そもそも、免許合宿時の食事は自分でありかなしかを選択できます。なしを選べばもちろん食事は用意されませんので、自分で準備するか出前などを取るのが一般的です。ありを選べば、なしよりかは費用が追加されますが、今の免許合宿ではいろいろな食事形式があり、プランもさまざまなものがありますので、どうせ免許合宿に参加するのであれば、美味しい食事が堪能できるプランを選んでみてはいかがでしょうか。当サイトでは、免許合宿の食事形式をご紹介させていただき、免許合宿先を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。